異世界チート魔術師 5 (感想)

<大雑把な内容> 内戦編。終結へ。 カシム戦勝利後のタイチたち、王女様のお茶会に招かれて新装備を貰ったりしていく今回。 凛のもとに暗殺者が向けられたりと、ドルトエスハイムたち王弟側も動きを見せていく。 そしてドルトエスハイムの軍とスミェーラの軍がぶつかり開戦していく。 ドルトエスハイムの元を直接襲撃するタイチ。 凛は冒険者スソラと、ミューラはミゲールと、レミーアも魔術師ミストフォロスと、それぞれの戦いを繰り広げていく。 戦況が少しずつ王国軍側へと傾いてくると、イニミークスがタイチを封じるため行動を起こす。 それにより、王弟軍が狂戦士状態へと変貌していく。 不殺を貫くタイチが狂戦士化した王弟軍へ手を下せず足止めされてしまう。 覚悟を決め、動き出そうとした時エアリィにある告白をされる。 本当の名を告げたエアリィによって、王弟軍は正気を取り戻していく。 そして、元凶であるイニミーニクスとタイチの戦闘へ。 異世界チート魔術師 5 (ヒーロー文庫) -
異世界チート魔術師 5 (ヒーロー文庫) - <感想> レミーア、ミューラ、リンと三者三様の魔術戦。 魔術戦で予想以上に個性出しまくってきた。 個人的な好みは魔法剣士が戦うミューラ戦。 剣あり、魔法あり、駆け引きありって彼女のスペックってホント高い。 あとタイチとの模擬戦で威圧されて、涙目になったらしいミューラの姿とか見たかった。 ドルトエスハイムに仕える執事のオールドーさんの優秀さ。 この執事、主の意を汲みすぎてる。 さらに批判もドンドンしていく。 右腕というよりは、まさに相棒という表現がハマりすぎてて好みでした。 今回の内乱編は比較的チート要素が少なく感じた。 なので、チートものというよりは安定したファンタジーを読み終えたような納得感。 ただ、その分シリアス展開が多すぎてテンポは少しゆっくりめ。 それにしても本当、魔術部分が安心の細かさ。 電撃魔術についての知識の扱いとか、丁寧に描かれてて楽しい。 <作品雑談> ドルトエスハイムやイニミーニクスなど、 名前がとにかく・・・・・・読みづらかった。 正直、キャラ名の面でも内戦が終わってくれてホッと一息。

異世界チート魔術師 4  (感想)

異世界ファンタジー。 王都編その1、防衛戦が語られる。 タイチたちが馬車で王都へ向かう所から始まる。 そして、王女からタイチたちの召喚について明かされる展開。 そのままタイチたちは、王都で発生している内戦に協力することになる。 しばらくは将軍と模擬戦をしたり、アルセナたちと王都を見学したり。 そして、王都の防衛戦へ。 攻めてきた敵の大軍を、ベラ・リン・レミーアの魔術を組み合わせ無力化に成功。 その後レミーアたちのちょっとした気遣いにより、タイチたち3人は実戦形式の対人戦を行う。 タイチたちは貴族宅を襲撃することになっていたのだが…… しかし道中カシムたちに気づいたタイチは、リンたちと別行動することに。 異世界チート魔術師 4 (ヒーロー文庫) -
異世界チート魔術師 4 (ヒーロー文庫) - 陰謀渦巻く王都編……ではなかった。 個人的にはからめ手な展開で来るかと思っていたのだが。 思った以上にストレートな展開が特徴的だったように感じる今回。 王側とその弟側、戦力拮抗の中へ…… 主人公たちチート戦力を投入したら、ソウナルヨネ。 正直なところ、王都編は主人公側よりも敵側の出方が気になった。 フル活用されるチート能力が見どころかな、と。 ただ今回は、物語自体はあまり進んだ気がしなかった所が残念。 作品自体は王都編1、みたく適度に謎を残しつつ読み終えることができたので納得。 <作品雑談> チートより何より。 城でのレミーアさんの立ち位置が気になる。 国王から宮廷魔術師の総長まで関わってるという。 国王側の黒幕はレミーアさん?

異世界チート魔術師 3 (感想)

異世界ファンタジー。 現代科学の知識を用いてファンタジー世界の常識を覆す、というのはよくあるが…… それを魔法で応用しているのが見どころ。 ストーリー面はさまざまなキャラの暗躍から始まり、戦場におけるリンの応用魔法と続き…… 最後にタイチの成長という形で締めになるといった所か。 異世界チート魔術師 3 (ヒーロー文庫) -
異世界チート魔術師 3 (ヒーロー文庫) - 特にすごいのが中盤で見せるリンの応用魔法だろうか。 ファンタジー世界の住人と現代世界の住人では当然持っている知識やイメージ自体も違うか。 確かに、と。 思わず納得してしまった。 そこをうまくついた、魔法についての発想は素直にすごいとなぁと。 魔法の設定に納得の一言。 そして後半は安定のタイチ無双、といったところ。 タイチの所は英雄的な物語になりつつあるように思えたかな。 <作品雑談> この作品魔法の部分の設定がおもしろいなぁ。 ユニークマジシャンの存在が別次元としてより際立ってるのもイイ。 是非他のユニークマジシャンも見てみたいところ。 ……まぁ、タイチは規格外でしょうが。

異世界チート魔術師 2 (感想)

異世界ファンタジー。 チートもの。 一巻でチートを使いこなすための修行編のようなものがはさまれていただけに、一概にチート、とは言えないのが特徴。 本格的な冒険譚へと入っていく第二巻。 日常編から依頼を受けて巻き込まれていくという形で物語が展開していく。 異世界チート魔術師 2 (ヒーロー文庫) -
異世界チート魔術師 2 (ヒーロー文庫) - 日常編が特に異世界で地に足をつけた生活をしている感がにじみ出ているため感情移入がしやすい。 読者を異世界の空気に違和感なく深いとろこまでなじませようとしているように感じた。 異世界ファンタジーでの日常パートに多くが割かれているように思えた。 チートは現代人が異世界で生活するには必要だよね、位でもたせた感じの役割になっている気がしなくもない。 今回は一巻とは違いある程度、異世界について学び力をつけた主人公たちが主体的に関わっていくストーリー。 終り方も謎を残す形ではあるが、一つの物語としては終わっているので個人的には読後感も納得。 <作品雑談> 日常パートもしっかり作られていていいなぁ。 ……と読んでいてチートものであるということを忘れつつあった。 いや、ものすごく、ファンタジー世界としてしっかりしてますし。

異世界チート魔術師 1(感想)

異世界ファンタジー。 異世界に飛ばされたら、魔術師としての性能がチートでした。 最初の描写的には召喚っぽい感じもあった気がするけど……異世界召喚になるのかな? ただ、それだけじゃなくチート設定の土台がしっかりした作りになっている。 主人公たちの運があって、出会いがあって、教えてくれる人がいて、修行をへて……と。 チート無双な要素は割と結果的なものに近い。 もってても異世界に召喚されて、魔物に秒殺されたら意味ない。みたいなことを作中でも言われてる。 あぁ、確かになぁ。魔術チートな設定に説得力がある物語。 異世界チート魔術師 1 (ヒーロー文庫) -
異世界チート魔術師 1 (ヒーロー文庫) - 召喚地点が野原だったっていうのも中々いい味出していると思った点のように思えた。 主人公たちは異世界を解説してくれる人より先にモンスターに出会い襲われる。 この最初の点を主人公たちにとって、後々意味のある形にしてくれるのが嬉しい所。 あとは、世界観の解説な部分を主人公達と同じ目線でファンタジーとして読ませていってくれたのもよかったところかな。 そして、さまざまな出会いをへて主人公たちは無双への階段をのぼっていく…… 無双作品に細かな設定を持たせたいい作品になっている気がする。 ギルドにいって依頼を受けて云々という、分かりやすさはファンタジー的には王道だったかなぁ。 <作品雑談> 主人公達の場合明かに出会った人たちがよかったよなぁ。 主人公たちのリアルラック高すぎるっ! ラック値がチートなんじゃなかろうか…… それを含めてチート、か。いや、考え過ぎか。 まぁ、異世界召喚したら事故でない限りフォローしてほしいですけどね。 事故で異世界召喚される→魔物に秒殺。 その場合「おぉ、勇者よ。死んでしまうとは……」な展開くらいあるのかな・・・